Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_07

認知度を上げるためのやるべきあれこれ_07

火に油を注ぐいくつかの方法_4


 Webを含め、手軽に出来る印刷ツールなどをお奨めしてみましたが、時間が掛かっても全て自分でやろうと頑張れば、出来るような物ばかりで、どちらかというと事業を始めたばかり、または地域密着型から脱却し事業を広げようと考え「その第一歩として外部外注スタッフに頼らない手段」と言う切り口で書き込んでみました。

 しかし、実績も歴史もない企業でも、新しくサービスを始める事業・サービスが、社会的に見て有意義で影響力があると言う自信が有れば、新聞や雑誌、テレビやラジオと言ったマスメディアや、インターネット上にあるニュースサイトなどのメディアが、ニュースとして取り上げてくれる可能性もあります。テレビ局のキー局は難しいかもしれませんが、地方に関連が有れば地元のテレビ局に取り上げてもらえる可能性もあります。

 ダメ元でも各メディアに対し、ニュースリリースを作り送ってみる事も考えてみてください。作り方などは下記をご参照ください >> 広報マニュアル・パブリシティと広告広報マニュアル・ニュースリリースの作り方、デザインやコンセプトが斬新で発売後の評価が高く、あっと言う間に品切れ状態に。なんて大手新聞社が取り上げてくれるかもしれません。




一通りやってみて分かる事


 普通の人たちが生活していく上で、Webサイトを立ち上げる事は一つの趣味として以外では、せいぜいポータルサイトで提供するブログを利用する位です。大きな企業でしたらサイトを作るにしても、一流の制作会社に依頼し、全ての要素を含んだ素晴らしいサイトも作れますが、限られた予算の中で考えられる最良なサイトを作るには、不要な要素は外して必要な要素に絞り、予算に合わせるような作り方にならざるを得ないでしょう。

 複数の社内スタッフで制作管理出来るのと、ほとんどを個人で管理するのとでは、リスクに大きな差が出来てしまいます。この事から小規模の事業所でサイトの立ち上げを考える場合、ある程度仕事の流れを理解できている者、または第三者の専門家に簡単に意見を聞く事(このProFileもそうですね)の術を知っている者が、制作に携わった方が、後から後悔を感じないで済むと思います。

 パソコン一台とソフトさえあれば、ホームページだろうが印刷原稿だろうが、深い専門知識が無くても出来る世の中になっています。しかしソフトを使いこなすスキルがあるだけのモノと、戦略的な仕掛けを持って創られたモノとを比べてしまうと、天と地ほどの差が有るのは歴然とわかります。

 自分で一通りやってみると言う事は、自分の限界を知る事でもあります。自分で頭に思い描いたモノと、実際に出来上がったモノが大きく異なる場合、どうぞプロに任せてください。クライアント側にこんなモノにしたいと、頭の中に描ける絵がある場合、とてもスムーズに仕事を進める事が出来、お互いの仕事に満足できると思います。

 筆と墨、白い紙が有ればそこに何かを書きたくなるように、道具から何か作りたくなるインスピレーションをもらう事があります。やってみる事で点と点が結ばれ、戦略に繋がる事もあります、色々と楽しんでやってみてください、きっと世界が広がるはずです。




Comments:0

コメントはありません。
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://rise-prod.com/sb/sb.cgi/59
Listed below are links to weblogs that reference
認知度を上げるためのやるべきあれこれ_07 from RISE weblog
トラックバックはありません。

Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_07

Search
Feeds

Page Top

無料アクセス解析