Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_04

認知度を上げるためのやるべきあれこれ_04

火に油を注ぐいくつかの方法_1



検索サイトへ登録しましょう


 インターネット上にサイトを開設した時点で、小さな火を灯す事が出来ました。しかし吹けば跳ぶような小さな火で、誰も興味を持ってくれませんし、気にもしてくれません、見てくれる人が居るとすれば、ご家族か友人の方でしょう。駅前の商店街にお店を開いたのならば、街を歩く人がお店を覗き商品に興味を示せば集客に繋がりますが、インターネット上では興味の有りそうなサイトを捜して、ぶらつくのが Yahoo! や Google と言った検索サイトでしょう。

 サイトを立ち上げ、まず最初にすべき事は検索サイトへの登録です、Yahoo!でしたら非商用サイトであれば、Yahoo!カテゴリーに、商用であれば有料のYahoo!ビジネスエキスプレスへの掲載申込みです。代理業務を代行する代理店などもありますが、サイトを立ち上げたばかりで、効果があるのか判断できない物までセールスされる恐れもありますので、信頼できる友人からの紹介などが無い限り、こちらから声をかけるのは控えた方がよいかも知れません。

 もう一つGoogleでは、トップページ下にある(Googleについて)から「サイトオーナーの方へ」にサイトの登録方法や、アクセス解析に便利なフリーソフトなどがあります。やり方などが判らない場合、「Google サイト登録」などで検索すると、解説サイトがいくつもありますので、初心者でも参考にしながら登録できます。




その他のポータルサイトなど


 Web 上のコンテンツで、検索サイトの他にも「教えてはてな」・「教えてgoo」や「王国」など情報のポータルサイトが沢山あります。そのコンテンツの一つには口コミで商品やお店を紹介するページもあり、そこに書き込まれる「教えて」に答えることで、商品やお店、Webサイトを紹介することも出来ます。

 また、SNSと言ったmixiに代表される、ソーシャル・ネットワーキング・サービスでは、お店限定のコミュニティーを作れ、お客様同士やお店スタッフとのコミュニケーションや、新商品に関する意見を聞けるなど、小さなお店ばかりではなく、大企業もそのコミュニケーション能力を、マーケティングに生かすところも出てきています。

 書き込まれたからと即効性はないものの、このようなWeb上にあるコミュニケーションサイトを上手に使うことで、お店や商品の認知度を上げる事も出来ますが、2チャンネルを初めとする匿名の投稿サイトなどは、書き込んでもあまり効果を認められないばかりか、イメージが良くないこともあるので、利用は控えた方がよいでしょう。


 次回はWebではなく、店頭や営業用に使うツールなど説明したいと思います。




Comments:0

コメントはありません。
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://rise-prod.com/sb/sb.cgi/46
Listed below are links to weblogs that reference
認知度を上げるためのやるべきあれこれ_04 from RISE weblog
トラックバックはありません。

Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_04

Search
Feeds

Page Top

無料アクセス解析