Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_01

認知度を上げるためのやるべきあれこれ_01

先ずは燃える物を捜し、火を付けましょう


 お店をやられていたり、小さな会社を経営されていたりと、組織的に営業も難しく、かと言って将来的にももっと基盤をしっかりしたい、顧客を地域の顧客だけでなく、もう少し広範囲にわたって獲得したい。日本全国の全ての企業で、この様な目的を持っていない企業は無いくらい、みんなが願い、知恵を絞り手段を捜しています。

 お金(広告)を使わないブランディングと告知は、企業体質の改善に似ています、メタボなお腹周りをすっきりさせるために、運動というトレーニングで脂肪燃焼させるように、企業体質を改善し、余計な物を取り除いてブランディングを成功できるように、サブタイトルは「ブランドトレーニング」としました。


 少し前までは、地域で営業する企業などは、「認知度を全国レベルで上げる」なんて、広告打つには費用が掛かりすぎるし、自社(製品)にブランド力があるなんて、考えても見なかった事かもしれません。
 全ては情報の流通インフラを変えてしまった「インターネット」が原因です。それまでは媒体を購入してこちらの意見を述べる、平たく言うと広告の事ですが、業界紙1ページにカラーで広告載せると媒体料だけで20万円位(その業界紙によっても値段は変わります)掛かってしまいましたから、デザインとか写真撮影とかの制作料金はまた別ですよ。

 でもまぁ、テレビや雑誌を見ると、ネットやメールなどの単語が出てこない事が無いくらい、当たり前のように使われ始め、ウチでも「インターネット」やってみようかと周りの人に聞いてみると、大都市では通信環境とネットへの接続費用を入れても、月額4,000円程度で済んでしまいます。
 メールを送っても切手代は掛からないし、知りたい物は検索すれば知る事が出来るし、ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)に毎月支払う金額には、サーバーの使用料も含まれ、ホームページも持てるようになっていたりと、こちらの意見を述べる条件は、月額4,000円に含まれているわけです。




燃える物って?


 燃える物とは、みんなが知りたい事。会社、お店が持っている長所、自慢できる物です。ただしいくら技術的に優れた物でも、社会通念上認められていない物は「長所・自慢できるもの」にはなりませんので悪しからず。

 例えばパン屋さん。普通の街中にあるベーカリーショップでも、毎日の食事に出てくる食パンやロールパンなども売ってはいますが、実はヨーロッパ風の料理にとても合う、バターをあまり使わない、とても硬く締まったパンを売っていたとしましょう、しかし日本のパンに慣れたお客さんには、硬すぎて美味しくないと人気が無く、あまり売れないのでしょうが「ヨーロッパ風料理にはそんなパンとワインが合う」と知っている人は、地元だけではなく日本国内に目を向ければ多くいます。

 実際にそんなお店があっても、流通を考えると日本全国の商圏は現実的ではないと思いますが、長所・自慢できる物とはそんなモノです。

 初めはこんなところでしょうか、次は「燃える物を沢山集める」と言った辺りを中心に書いてみたいと思います。




Comments:0

コメントはありません。
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://rise-prod.com/sb/sb.cgi/43
Listed below are links to weblogs that reference
認知度を上げるためのやるべきあれこれ_01 from RISE weblog
トラックバックはありません。

Home > お仕事関連 > ブランディング > 差別化の為のブランディング > 認知度を上げるためのやるべきあれこれ_01

Search
Feeds

Page Top

無料アクセス解析